| 

生命保険において、多くの方が検討するするであろう特約の一つに「ガン特約」があり

生命保険において、多くの方が検討するするであろう特約の一つに「ガン特約」があります。これは万が一ガンが発覚した場合においても、生命保険の保障範囲内で治療費や手術における費用、入院費などを保障してもらえるもので、ガンが日本国内において最も高い死因であることから、ほとんどの場合において加えている特約ともなっています。月々の支払額も決して高くなく、生命保険の月額料金に数百円追加される程度のものとなっています。

ガン特約はガン保険と比較すると、一部において制限こそありますが、月額の支払い金額に大きな差があり、生命保険とガン保険の2つを契約するよりも、生命保険とガン特約のほうが安価に収まります。あくまで生命保険の保障範囲内ではありますが、月々数百円の追加だけで大きな保障を受けられるというのは一つの大きなメリットとも言えるでしょう。ただし、やはりガン保険と比較するとその範囲は狭く、特に顕著なのが「通院保障」となります。近年のガン特約においては通院保障も加わるようになってきていますが、それでもガン保険の方が内容が充実しているのは間違いありません。

ガン保険に加入するか、ガン特約を追加するかなどは、保険通販サイトなどにおいて支払い金額のシミュレーション、ガン保険の比較、生命保険の比較などで調べることが出来るようになっています。ファイナンシャルプランナーとの相談窓口もあるため、どちらを選ぶか迷った際は、一度相談してみるのもいいかもしれません。

ガン共済・医療共済。生命共済。多くの共済商品が販売されています。それぞれの共済商品の内容はもちろん違います。共済はそれなりで納得することがポイントです。それぞれの共済の保障プランは比較をするとその違いが分かります。-その解決策については対策をしておけば意外に簡単に解決したりもするでしょう。税金問題や相続人間の問題で揉めないようにするにはあらかじめ相続についてしっかりとして方向性を付けておくことです。相続税申告についてどうするかは財産を承継するについて誰しも悩む問題です。相続対策の進めることは無理をしないことが大切なことです。--

link/ 00/ 01/ 02/