| 

ガン保険でも学資保険でも「保険」と呼ばれるものに加入したら

ガン保険でも学資保険でも「保険」と呼ばれるものに加入したら、保険料を支払わなければなりません。お子さんの学費のことが心配と言う方の中で「ご自身も高齢になってきて、ガンの心配もしなければならない」という人は、積極的に保険を活用していくのが良いでしょう。ただし「高齢である人には、絶対に保険が必要」というわけではなく、それまでに貯蓄を頑張ってきたので、経済的に余裕があるという人もいるかもしれません。「保険料」という形で支払うお金は、自分の自由に使えるお金ではなくなりますので、場合によっては「貯蓄」という形で残しておくほうが良い、という考え方もあります。

さて、ガン保険でも、学資保険でも、加入する際は、ご自身の加入している保険全体を見直すという必要があります。

私たちが生命保険で確保しておくべき保障は「葬儀代、遺族の生活費、住宅費用、子どもの教育費」だと考えられています。学資保険で保障が得られている部分まで、生命保険で保障を確保しようとしてしまうと、生命保険の保険料が無駄に高額になってしまいます。

また、保険の見直しを行うと良いのは「結婚したとき、子どもが生まれたとき、マイホームを建てたとき、子どもが経済的に独立したとき、ご自身が定年退職をしたとき」などのタイミングが良いといわれています。たとえば、お子さんの教育費について、心配がなくなったなら、生命保険の保険金を少し減らすということで、保険料が抑えられるようになります。ただ、お子さんがその年齢に達することで、ご自身も年を取っていますので、今度はガンになることが心配、という可能性もありますよね。

このように「どの保障にウエイトを置くか」が変わってくるものです。

ガン保険の保険料を抑えるには「夫婦型」「家族型」などの契約を結ぶ方法があります。一人ひとりが別々に契約をするよりは、保険料が抑えられます。しかし、離婚をした場合や、お子さんが成人した場合に、改めて保険契約を結ばなければならないことなど、デメリットもあります。保険料を抑えることのメリットとデメリットを良く考えて、選択する必要がありますね。

学資保険は良く知られた保険種類でしょう。学資保険は死亡保障でもある保険です。保険の基本である死亡保障単体ではありません。年金給付等でいろいろな種類もあります、学資保険は必要でしょうか。
学資保険について|生命保険選びネット
hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/gakushihikaku.htm
1

link/ 00/ 01/ 02/