| 

ガン保険というのは、医療保険の一種類とも考えられ、ガン治療に対する保障に

ガン保険というのは、医療保険の一種類とも考えられ、ガン治療に対する保障に特化した保険と考えれば良いでしょう。では、なぜガンの治療だけ特別に、保険を用意しなければならなかったのでしょうか? それは、ガン治療というものが「健康保険が使えない先進医療が、どんどん開発されている」「治療期間が長くなり、社会復帰に時間がかかる」などの事情があるためです。

医療保険は、ガンに限らず様々な病気について、幅広くカバーするというものです。もし加入できるならば加入するに越したことはないのですが、様々な病気への保障がある分、保険料はやや高めです。もしも、保険料を抑えたいならば、ガン保険に優先的に加入しておき、医療保障については公的な制度と貯蓄をなんとか利用していくという方法があります。

入院期間が短縮される傾向にある現代、一般的な病気の入院・治療であれば、数日で済むことも多いのです。そのため有給休暇を取って治療をその範囲で済ませることができれば、収入が減ることがありません。また、会社員の方なら、健康保険に「傷病手当金」という制度があります。おおむね給料の3分の2に該当する額を、4日以上入院した場合、4日目から受け取ることができるというものです。一般的な病気ならば、このような制度を活用することもできるのですが、傷病手当金が給付されるのは、1年と6ヶ月までとされています。ガン治療には、それ以上の期間がかかることもあります。

また、健康保険を使って治療を受ける場合には、高額療養費制度を利用すれば、負担限度額を超えて支払った医療費は、後に還付を受けることができます。ただ、ガンで先進医療を受けた場合などは、健康保険も利用できず、高額療養費制度の適用も受けられませんので、経済的な心配が多くなります。このような場合に備えて、ガン保険に優先的に加入しておくのも、1つの方法です。終身タイプと定期タイプのどちらを選ぶかといったことも含めて、ファイナンシャルプランナーや保険ショップなどで相談しながら選ぶのも、良い方法ですね。

医療保険は入院保険とも呼ばれることがあります。病気やけがで入院等すれば検討するのが医療保険です。入院した時にはしっかり治療したいものです。かなりの金額がかかります。医療費をどうまかなうか。医療費の一部を医療保険によって確保します。医療保険の比較をするとその違いが分かります。
医療保険について|生命保険選びネット
hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/iryohikaku01.htm
-

link/ 00/ 01/ 02/