| 

相続税対策の目的として「できるだけ多くの遺産を相続させる」

相続税対策の目的として「できるだけ多くの遺産を相続させる」「税金はできるだけ節約する」ということがあります。生命保険には相続税の非課税枠があって、相続人1人につき500万円が控除される仕組みになっています。そのため「預金を相続した」というよりは、「生命保険金を受け取った」というほうが、節税効果が上がります。相続税申告の手続きなどは、きちんと行わなければなりませんが、税務署などで相談しながら進めれば、そう難しいことではありません。

そして「多くの遺産を相続させたい」ならば、そもそも遺産を減らさない工夫が必要です。そのための1つの方法として、ガン保険や医療保険に加入して、病気になった場合でも、預貯金を取り崩さないですむように、対策をしておくということがあります。

特にガン治療というのは、治療期間が長引く上に、健康保険が使えず、自費診療となる種類の治療もあります。ガン保険に加入しておけば、経済的な心配がない状態で、治療を受けることができます。しかし預貯金だけに頼っていると、いつか経済的な限界がきますので、注意が必要なのです。

相続対策の目的に「遺産分割で揉めないようにする」ということがあるのですが、ガン治療で家族に負担をかけてしまうと「介護の負担が大きかったから、うちがたくさんそうぞくしたい!」という主張をする人が出てくるケースもあります。体力・気力の負担は仕方がないとしても、できるだけ金銭の負担を配偶者やお子さんにかけないことが、間接的には相続で揉めないことに、つながる可能性はあります。

一方で、ガンや病気というのは「かからない」可能性もあります。ガン保険の保険料としておさめたお金は、貯金するのとは違って「自由に使えるお金」ではなくなる、という面もあります。できるだけ遺産を減らさないためにも、必要以上の保障を得ようとしないこと。貯蓄や生命保険などとのバランスを考えながら、ガン保険を利用していくことが、必要になるのです。

自分が入る生命保険の評判を検討するに際してポイントを置かないといけないことはどんな目的の生命保険かを検討することです。生命保険で間違えないためには生命保険評判がポイントです。保険を誰に対してどのように相談しますか。評判は気にしないのでしょうか。
生命保険評判|生命保険選びネット
hoken-erabi.net/seihoshohin/rank.htm
遺言書の執行はによりうまくいくことも多いと考えることが大切です。財産分けで揉めないようにするには法定相続分についてしっかり方向を考えることです。遺産相続については財産があり子が複数いれば簡単な問題ではありません。このような問題について対策をしておけば遺言は役立ち心配するほどではありません。-相続処理と相続税節税問題はどのような相続でも誰しも悩む問題です。財産問題でもめないためには相続の納税計画と節税についてきっちりと相応の考えを決めて臨むことです。相続経営と相続税節税は生命保険を使うことが有効です。相続税対策について学んでみることは必要です。-

link/ 00/ 01/ 02/