| 

最近注目を集めているガン保険。ガンになった場合でも、生きられる可能性が高まって

最近注目を集めているガン保険。ガンになった場合でも、生きられる可能性が高まっている現代は「生き残った場合の生活費をどうするのか」ということを、考える必要があります。特に高度先進医療を受けたいといった場合、健康保険が使えませんので高額の医療費が必要となります。預貯金が充分にあっても、それだけではいずれ底をついてしまいます。そのためガン保険に加入しておいて、安心して医療を受けられる環境が必要となるのです。

また、生命保険というのは「ご遺族のための保障を得るもの」で、「契約者自身のガン治療を保障するもの」であるガン保険とは、少し性格が異なります。

しかし、ガン保険に加入することで、遺産を減らさずに済むことになる、という面もあります。私たちの生命はいつか終わりますので、死亡保障は必要になりますが、私たちは「必ずガンになる」とは限りません。そのため、どのくらいの保障を得ておくか、現在の生活を苦しくしない範囲で、どのくらいの保険料なら支払えるのか、といったことはファイナンシャルプランナーに相談しながら決めるのも良い方法です。

FPのもとへ行くなら「生命保険の相談だけ」「ガン保険だけ」など、個別の保険について考えるよりは「保険契約全体」「資産状況の全体」を考えて、保険を設計してもらう、という考えが必要でしょう。なお「私は独身で子どももいないから、生命保険は必要がない」という考えの人もいますが、葬儀代や部屋の片付けなどをしてもらう費用は、生命保険や預貯金で確保しておくことが大切です。

生命保険を誰に対してどのように相談しますか。しっかりとファイナンシャルプランニングすることについてについて検討しておけば案外うまくいきます。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPも最近は増えてきています。どのような立場からアドバイスをもらうかでどのような生命保険のプランニングとされるかが決定します。FPと生命保険の意見を参考にしましょう。ファイナンシャルプランナー・FP次第になります。-FPともいわれるファイナンシャルプランナーの存在を知っていますか。この自分の生活にとってどのような生命保険の種類が満足できるものなのでしょう。そんなときに相談します。病気の心配・死亡の心配によってさらにまた医療保障のため等どんな目的で金融資産や生命保険を求めているのかによりプランは変わります。FP相談に合えればいいのですが。-無料でFPと相談できる生命保険無料相談サービスが広がっています。ガン保険医療保険、そして生命保険はどのような立場の人と相談しようと考えていますか。どれほどの経験をこなした人なのかはとても重要な事項です。生命保険無料相談サービスについても選択肢に入れましよう。保険を考えるにあたっては正面から向かい合うことが大切なことです。FPで生命保険。-

link/ 00/ 01/ 02/